• 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

近海マグロ延縄漁業

漁法

延縄漁のイメージ図
延縄漁のイメージ図

マグロ延縄(はえなわ)漁業は、一本の幹縄に釣針のついた2,000本以上の枝縄(この枝縄のことを「はえ縄」という。)を次々と海中に垂らし、魚がかかるのを待ってから釣り上げる漁法です。

  1. ① ラジオブイ、ランプ
  2. ② 浮き玉
  3. ③ 幹縄
  4. ④ 浮縄
  5. ⑤ 枝縄
  6. ⑥ 釣り元ワイヤー
  7. ⑦ 針と餌

漁獲物

マグロ類カジキ類ヨシキリサメモウカザメなど。

操業期間

30日~45日間

漁獲物の保存

  • 20日~30日間 水氷船(漁獲物を水につけて保存)
  • 30日~45日間 氷蔵船(漁獲物を氷につけて保存)※
  • 110日~120日間 凍結船(漁獲物を冷凍して保存)

※ 祐喜丸は氷蔵船

漁の流れ

  1. 出港

  2. 投縄(とうなわ)作業

    「はえ縄」に一定の間隔で餌のついた枝縄を結びつけ、数時間かけて海中に投げ込みます。総延長は150km以上、枝縄は3,000~4,000本にもおよびます。
    ここでは、縄が絡まらないように人の手で注意深く作業します。

  3. 揚縄(あげなわ)作業

    投縄作業から数時間待ってから、魚がかかったであろう頃合いをみて揚縄作業を開始、巻上機で縄を巻き上げて、魚がかかっていれば人の手で引き上げます。
    甲板に上げた魚を適切な処理を施し魚槽に収めます。10時間以上の長丁場になることもあります。

  4. 帰港/水揚作業

水揚げの写真
水揚げ1
水揚げの写真2
水揚げ2

参考資料

近海かつお・まぐろ漁業許可船名簿(水産庁)[PDF/210KB]