ABOUT US

まるきた商店について

まるきた商店とは?、ミッション、ヴィジョン、バリューをご紹介します。

ABOUT  

まるきた商店とは?

地域のニーズに応える

有限会社 まるきた商店は、創業者の喜多 昭が終戦後に気仙沼駅前で米などを扱う商売をはじめ、それがだんだんと気仙沼港で水揚げする漁船にも米を提供するようになったのを機に昭和43年、船舶仕込業で会社を設立しました。昭和62年に漁業に参入して以降は、近海マグロ延縄漁業と船舶仕込業で気仙沼の漁業に貢献してきました。

2011年の東日本大震災では、魚市場前の本店が流失しましたが、2014年には震災前の同じ場所に事務所を再建し、近海マグロ延縄漁船「第17祐喜丸」と「第77祐喜丸」の2隻で気仙沼魚市場へマグロやメカジキ、ヨシキリザメを上場してきました。気仙沼港に入港する漁船員にインドネシア人の船員が増えたことでインドネシア食品の需要が高まり、本格的な取り扱いを開始したのもこの頃です。

2018年10月に漁業経営の協業化に賛同する船主6社で出資し、気仙沼かなえ漁業 株式会社を設立。直接の漁業経営からは離れましたが、現在は船舶仕込業で気仙沼の漁業を下から支えています。

今後はICTを活用して地域のニーズに応えていきます。

MISION

ミッション(社会的使命)

『気仙沼の発展に貢献し続けること』

気仙沼の海とともに成長してきた会社だからこそ、これまでの“経験”と“つながり”を新しい発想を活かして結び付け、地域や水産業の課題に挑戦して気仙沼の発展に貢献します。

VISION

ヴィジョン(ありたい姿)

『地域とともに新しい価値を共創していく会社』

まるきた商店は創業から50年以上、気仙沼魚市場前で気仙沼の基幹産業である水産業に関わってきました。

漁港に船が入港すると、魚市場、仲買、水産加工工場、氷屋、箱屋、漁具屋、そして仕込み屋…水産業に係る人たちは動き出します。
船が入れば、市内の飲食店や小売店も賑わいます。
海を中心に経済が回る気仙沼の企業は、どこかで必ず繋がっており、その“つながり”(強み)を活かし地域は発展してきました。

2011年の東日本大震災より、甚大な被害を受けてから少しづつ復興してきたところに、新型コロナウイルス感染症(コロナ禍)によって地域経済は打撃を受け、さらに社会の在り方や、生活習慣までも変わろうとしています。
水産業の周辺環境が年々厳しさを増す中の、このような時だからこそ、停滞せず変化を受け入れながら協力して進むことが必要だと考えます。

これまで継続してきた事業とその“つながり”に加えてICT(情報・コミュニケーション・テクノロジー)で、地域社会や地域企業とともに新しい価値を生み出していく会社を目指します。

VALUE

「継続」する3つの価値観と行動指針

3つの価値観から導き出された行動指針です。人と人の“つながり”こそビジネスの基本です。

『キープグローイング(成長し続ける)』

会社も個人もよりよいサービスを提供できるように常に考え、学び成長し続ける。

『カスタマーファースト(顧客優先)』

常に地域のお客様優先で、お客様のニーズに応えて地域に貢献し続ける。

『ベストエフォート(最善努力)』

常にお客様に対して最善の努力をして貢献し続ける。